『法人税が分かれば、会社のお金のすべてが分かる』

第1章 法人税の納税義務者

宗教法人が法人税を納めなくてもいい仕組みを事例として挙げながら、法人税の納税義務者について解説しています。
公共法人、公益法人等、協同組合等の一覧も巻末に掲載しています。

第2章 法人税の課税標準

法人税は、所得金額に税率を掛け合わせてその税額を計算することを解説しています。
会社の所得(利益)と資金繰りの違いがよくわかります。

第3章 法人税の税額計算

法人税の課税標準である所得は、会計上の利益とよく似ています。けれど、実際には所得と利益の間には差があり、この差こそが重要です。
実際の法人税の申告書の書式を用いて、この差の計算方法を解説しています。さらに、地方税を含めた法人税等の計算も。

第4章 繰越欠損金

銀行が長期にわたって法人税を納めていないという事例を検証し、繰越欠損金制度を解説しています。
あわせて、繰越欠損金制度の濫用防止策についても解説しています。

第5章 受取配当の益金不算入

受取配当は原則として益金に算入されないことを解説しています。
短期間で売却する株式の配当の取扱いや、負債利子の取り扱いにも言及しています。

第6章 棚卸資産と売上原価

棚卸資産と売上原価の関係を解説したあと、棚卸資産の評価方法について図を交えて説明しています。
手続きとしての届出書にも言及しています。

第7章 減価償却

固定資産と減価償却について解説しています。
減価償却を利用した節税の仕組みと、その有効性についても考えてみました。

第8章 役員給与

役員給与に関する法人税のルールを解説しています。
定期同額給与、利益連動給与など。

第9章 交際費、寄附金、使途秘匿金

交際費の損金算入限度額、寄附金の損金算入限度額について解説しています。
あわせて使途秘匿金に対する追加課税も解説しています。

第10章 貸倒損失と貸倒引当金

貸倒損失の損金算入時期について解説しています。
あわせて、貸倒引当金の計上についても解説しています。

第11章 資産の評価損

資産の評価損の税務上の取り扱いについて解説しています。
税務上は評価損と考えられている減損損失にも言及しています。

第12章 圧縮記帳などの節税対策

圧縮記帳を取り上げて、節税対策の効果と限界を説明しています。
ほかに、生命保険や社用車減価償却費についても検討を加えています。

第13章 申告と納付

確定申告、中間申告、修正申告などについて説明しています。
さらに、修正申告と更正の違いについても言及しています。